外国人技能実習受入事業
受入れの流れ

  • お問い合わせ

    まずは協同組合日越交流センターまでご連絡ください。
    受入企業様のニーズに合わせてご提案いたします。

  • 面接

    現地である海外で健康診断・知能適性検査・性格診断・体力や計算テスト等の結果を参考にしながら面接を行い採用を決定し、雇用契約を結びます。
    当組合が現地へご案内し、サポートさせていただきます。
    海外での面接が難しい場合はオンラインでの採用面接にも対応しております。

  • 入国前講習(約4ヶ月間)

    技能実習生は入国するまで母国で、日本語学習を中心に日本の文化や生活習慣・企業規則など日本滞在中に必要な基本知識の学習を行います。
    この期間に「技能実習計画認定申請」「在留資格認定証明書交付申請」「査証申請」の手続きを行っていきます。

  • 日本入国

    在留資格認定・入国査証(ビザ)の取得後、日本に入国。

  • 集合研修(1ヶ月間)

    当組合の研修施設で集団生活を学びながら、再度日本語を中心とした1ヶ月間の講習を行います。

  • 受入先配属・実習開始

    受入先にて通訳を交え、実習作業指導等を行います。また、宿舎についても設備の使い方等を指導します。

  • 技能検定基礎級程度の試験受験(約7ヶ月目)

    入国後約7ヶ月目に技能検定基礎級程度の試験を受験・合格して、2号へ移行します。
    当組合の適切な監理(技能実習機構への報告、受入先への連絡相談、技能実習生への相談活動・生活指導、トラブル対応)で、受入先組合員様をサポートします。

  • 技能検定3級(約30ヶ月目)

    入国後約30ヶ月目に技能検定3級程度の試験を受検します。
    実習生が3級に合格し、監理団体と受入先ともに「優良」であると適合していれば、技能実習生の受入れをさらに2年間延長できます。

  • 帰国

    満期で帰国する実習生の契約満了手続き・年金返還の手続きの案内を行っています。
    帰国後も就職状況や、再来日の希望があれば案内をするなどのフォローアップを行っております。